乳がん検診

 

Breast cancer screening

 国立がん研究センターより「有効性評価に基づく乳がん検診ガイドライン」確定版が公開され対策型検診(市区町村が行う住民検診)について推奨項目が下記のようになりました。今後の厚労省からの指示を待ちたいと思います。

 

 推奨される検査内容

 

 ① 40歳~64歳 

   マンモグラフィ単独

   もしくは、視触診併用

 

 ② 65歳~74歳 

   マンモグラフィ単独

  (視触診なし)

 

 

 推奨されない検査内容

 

 

 ① 40歳未満 

   マンモグラフィ

   (±視触診併用)

 

 ② 超音波検診

  (単独・マンモグラフィ併用)

   

   乳腺超音波検査に関して現在40歳代での有効性が検証されている段階です。​高濃度でレントゲンの透過しずらい乳腺の場合に超音波検診を併用することで、乳がん後発年齢である、40歳代のマンモグラフィ検査での見逃しを防ぐことが期待されています。