乳腺科HOME> 乳腺外来 > マンモグラフィ

マンモグラフィとは?

 

 乳房を平たく押さえてレントゲン写真を撮ることに より、乳腺内の異常を調べる検査です。乳がんの腫瘤そのもの、がんに伴う 石灰化 、引きつれなどを、見つけ出します。※非触知の早期乳がん発見につながる検査のひとつです。

なぜ乳房を平たく押さえて撮影するの?

 

 乳腺の重なりを減らすことで、乳腺の中の異常をより正確に診断できます。健康には影響のないX線量ですが、薄くすることでさらにX線被曝も低減できます。 マンモグラフィ撮影による被曝は、東京からニューヨークまで飛行機搭乗で受ける自然放射線の約半分と言われています。 マンモグラフィ検査で気になることがありましたら、外科外来でお尋ねください。

乳腺石灰化

 

体のあらゆるところにカルシウムの沈着は生じます。特に乳腺では、細胞の分泌物にカルシウムが豊富に含まれているため、石灰化が良く認められます。マンモグラフィで探すべき石灰化は、癌細胞が壊死したときに細胞内に僅かに含まれていたカルシウム成分がそこに沈着してできる石灰化です。この両者の鑑別には、多少の慣れが必要です。 僅かな石灰化でしか捉えることが出来ない早期の乳がんは、マンモグラフィでないと見つけるのが困難です。ただし、すべての乳がんに石灰化が生じるわけではありません。

王子病院では、マンモグラフィが2台稼働しており、精度管理中央機構認定技師がマンモグラフィ検査の撮影を担当しております。